脱毛の起源は?

脱毛はなんと紀元前3000年から4000年頃から、もう地中海地方では行われていたと言われています。
宗教文献などからも体毛の脱毛習慣があったことが分かります。
当時は美ということより宗教的な意味があったようです。
硫黄と石灰とデンピンを使っていわゆる脱毛剤にしていたという文献もあるのです。


また毛を紐に編み込み、そのまま引っ張って抜くという方法もあったようで、今のワックス脱毛に考え方は近いかも知れません。
そして紀元前1500年頃にはエジプトでも、焼いた蓮の葉とカバの脂肪を脱毛剤にしていたということも分かっています。


紀元前30頃になるとカミソリに似たものも発見されています。
それらを使ってかのクレオパトラもこの頃脱毛をしていたとのことです。
この頃になると女性の美に脱毛が関係していたか、その辺ははっきりしていませんが、どうも美と深く関係があるようです。


脱毛に関しては後進国とも言われていた日本ですが、平安時代の貴族は額を富士額にするために、余分な毛を抜いて墨で書き足していたと言われています。
このように日本でもこの頃から脱毛は行われていたわけですが、体の脱毛はあまり行われていなかったようです。


江戸時代の遊女は陰毛を線香で焼き切ったりしていたとも言われています。
また手足の脱毛には木の皮や実からとったオイルと軽石の粉を使って、皮膚に擦り付けて脱毛をしたと言われています。
また眉毛を細く毛抜きで抜くという行為もあったようです。


眉毛と目の間を広くし、眉と眉の間も広くして、のんびりした顔に見せるようにしていたようです。
いわゆる癒し女性に人気があったのかも知れません。
このように昔から脱毛は行われていたということなのです。


○推奨リンク
最高の医療レーザー脱毛技術を提供している札幌の美容外科です > 札幌 脱毛